焦げ付かないメスティン-面倒な洗い物から開放される- レビュー記事はこちら!

女子専用ソロサイト!?Foresters Village Kobittoあさぎりキャンプフィールド 後編

「前編」では、Foresters Village Kobittoあさぎりキャンプフィールドの素晴らしさをお伝えしていきましたが、せっかくなので(?)ぐみコの1日を後編でご紹介したいと思います。
たまにはこんな記事も面白いですよね…??

ぐみコ
ぐみコ

興味ないなんて言わないで~

[kanren id=”1164″ target=”_blank”]

目次

朝からバタバタなスタート

私はいつも早めにチェックインして、のんびりしたいタイプなので、アーリーチェックインを利用します。
この日も12:30のアーリーチェックインをするつもりでいました。

あそこならいつも約2時間30分で着く予定。渋滞やSAでの休憩、買い出しなどを含めて、「8:00にでれば間に合うか。」と、ちょっと遅目の7:00に目覚め、準備をすませ、バイクにまたがる私。

スマホアプリのナビタイムに「あさぎりキャンプフィールド」と打ち込んだときに出てくる住所を見て、自分の勘違いに気づく。

「静岡県?あれ?今日は群馬県じゃないんだっけ…?」

「あさぎり」って単語の時点で地名に気づかない私…。
猛暑の夏に入る前に、キャンプ溜め(?)をするため、毎週末キャンプ場を予約してたのですが、頭の中で、キャンプ場名と住所がごっちゃになってました。

さて、静岡に行くとなると、ぐみコ家のある埼玉県からは、日本一危険な高速道路、首都高を使うことになりますが、私はいつも使わず、下道を使って首都高が終わるインターチェンジまで移動してから高速道路に乗るため、その分余計に時間がかかります。

さらに、この下道、いつもものすごい混んでるのです。
と、前置きが長くなりましたが、朝から勘違い発生で、出発、到着が遅れました。

いつも利用するスーパー

静岡県の富士急ハイランドの側までたどり着けたのは結局、渋滞に巻き込まれたため、お昼の12:30くらい。
富士宮、朝霧あたりはキャンプ場が多く、いつも利用するスーパーは決まってます。

セルバ 河口湖BELL店

ここで必ず買うのが「たまり漬クリームチーズ」

名前のままなのですが、たまり醤油に漬けこんだ超濃厚なおつまみチーズです!
口に入れるとチーズとタレがまったりと絡みながら溶け合い、お口の中が幸せになります。

ちなみに、チーズはそのまま食べてももちろん美味しいですが、私のおすすめの食べ方も紹介します。

突然ですが、ぐみコのずぼらクッキング

材料

たまり漬けクリームチーズ 1パック
しその葉 5枚
生ハム 5枚

作り方

①封を開けると、たまり醤油に付け込まれた、クリームチーズがドーンと一枚入ってるので、それを1cm間隔の縦長に、カットしていきます。

②生ハムの上にしその葉を乗せて、さらにその上にカットしたクリームチーズを乗せて、くるくる巻いていきます。

生ハムとしその葉の順番を逆にして巻いてもOKです。

②巻き終わったものを半分にカットしてできあがり!

ぐみコ
ぐみコ

しその葉の苦味がアクセントになって、お箸が進むのですよーぜひ一度お試しあれ!

キャンプ場に到着。

さて、予定より1時間遅れて、到着は13:30頃。
管理等に行き、受付を済ませます。

スタッフさんから、説明を受けてると「キャンペーン中でして、お配りしてます!」と無料でいただきました。

本来のチェックイン時間は14:00なので、場内をフラフラとお散歩しながら、キャンプレポートの写真を撮りために行ってきます。
このキャンプ場には、ニジマス池という、ますの釣り堀エリアがあります。

釣ったマスは自分達で捌いて塩焼きなどにして食べられますよ。

この池があるためか、お子さん連れがとても多いです。
こどもたちの賑やかな声が遠くから聞こえてきます。

「やだ!動いてる!」

「触りたくないいいぃ!」

「やだぁぁ!お母さーーん‼」

子どもたちにとって、動いてる魚は恐怖の対象のようです。

さて14:00になったので、ガールズサイトに移動。約一時間かけて、本日の住処を設営。
正面からの写真を撮りわすれたので後ろから…

設営終了時はすでに15:00過ぎ。
朝からサービスエリアで売っていた草餅しか食べてないので、お腹がペコペコ。

なぜに草餅!?と思う方もいますかね。。草餅がすごく好きなのでついつい…

こんなときは、必殺カップラーメンです。
カレー麺にとろけるチーズを乗っけて、いただきます!

3分でおなかを満たせる、しかも外でたべるとすごくおいしい!

さて、夜の宴に向けて、薪を売店に買いに行きます。
薪は一束550円でした。
スタッフさんの手で使いやすいように、すでに割られてるのですが、やっぱりキャンプ感がほしい。

バトニングは何がなんでもやっておかないと、という謎の使命感が私にはあります。
ということで自己満ですがコンコンと割っていきます。

燻製に初挑戦!

さて、薪の準備ができましたので、ちょっと椅子に座ってのんひりしたり、コットでゴロンとうたた寝してたら、もう17:00になってしまいました!この自由さがソロキャンプの良さですね。

さて、夜のおつまみ準備に取り掛かります。

今回は、燻製しかもメスティン燻製に初挑戦したく、道具を持ち込みました!

本日の燻製食材はこちら。くるみはキャンプ場からいただいたもの。

ネットの有力そうな手順に沿って、火にかけて10分待ってみる。

…失敗。茶色くならない。
もう10分間、バーナーにかけ続けるも、やはり色がつかない。

これ以上やってもチーズがドロドロになるだけです。
何かが足りないんだ、勉強し直そうということで、今回はそのままいただきます。

ぐみコ
ぐみコ

燻製がやっぱり食べたいので、後日、再挑戦してみます

ベーコンもゆで卵もチーズもそのままで美味しいのが救い。
なにより、キャンプ場にもらったクルミが想像以上の美味しさだったので、家に帰ってからAmazonで買っちゃいました。

気を取り直して、もう二品作成。

タイのお刺身のカルパッチョ、チーズカリカリレンコンです!
どちらもアウトドアスパイスの『”赤”ほりにし』がかかってます。

この夜、ぐみコはお腹を壊します。辛いのだめな子は、赤ほりにしのかけ過ぎに注意してね…

焚き火開始

緑と赤のコントラストが美しいですねぇ。

この時点で既に18:30くらいなのですが、まだお空が明るい。

私の愛用焚き火台はノーブランドのメッシュのものです。

とても軽くて重宝しているのですが、下からも空気が入るので燃焼効率がとても良すぎます。
今回の薪のような燃えやすい針葉樹だと、あっという間に燃え尽きちゃうのが玉に瑕。
初心者キャンパーにはおススメなんですけどね。

今回のメインはラム肉!

骨付きラム肉ってこの時が初めてだったのですが、ほりにしをかけたおかげなのか、臭みも少なく、おいしくいただいちゃいました!

上からほりにし。ほりにしは万能です。

さて、夜も更けていき、焚き火を見ながら作った料理を食べ、眠くなったらお片づけをしてテントの中へ。
呑んで食って寝るだけ!ソロキャンプ最高…!!

翌朝、知らないおじさまに話しかけられる

朝6:30くらいに目が覚め、温かいカフェラテを飲みながら、ホットサンドを作成中。

「すみませ~~ん!!」と男性の大きな声。

いやいや、ここは女子限定サイトだぞ?
スタッフさんを探している声であって、私宛の声ではないな、と、そのまま優雅にホットサンドメーカを火にあぶる。

すみませ~~ん!!」と再び声がする。
さらに私のサイトの垣根の間から、こちらを覗いている男性一人発見。

えぇぇぇぇ…なになになに!?とビビりながらも、サイトの垣根の外へ。
50歳前後の男性が、「すみません、突然」とペコペコしている。

ATフィールド(近づかないでオーラ)全開で、話を聞いてみる。

要約すると、
①バイクでどうやってこの量の荷物を持ってきたのか?
②娘さんが同じバイクに乗っていてソロキャンプに挑戦したい。とのこと。

ぐみコ
ぐみコ

そんなことでしたか!お安い御用で!!

意気揚々と、ご自慢の私のパッキング方法と積載方法をお披露目。
奥様も現れ、少し立ち話し。
元々はご夫婦お二人ともバイク乗りだったとか。
ご主人の方は復帰ライダーになりたいみたいですね。

娘さんとのキャンプツーリングが実現するのを陰ながら応援しています!

本日の朝ごはん

1アクシデントを終え、再びホットサンドを温めます。

ちなみにこの日のホットサンドの具はこちら。

CANPの達人」から出ている「ホットサンドの具 ビーフシチュー味」です。
他にミートソース味とチキンマヨネーズ味があります。
しっかりとお肉がゴロゴロと入っていて、なかなか食べ応えがあります。
チーズと一緒に挟んで焼くとさらに美味しくなりますよ。

撤収からのお風呂

朝ごはんを済ませ、少し椅子に座ってのんびりと。
昨日は、温泉に出かけられなかったので、本日の銭湯を探します。
上を見上げるとこんな景色。

木々の間からの木漏れ日に癒されます。

本日の銭湯「富士山 天母の湯(あんものゆ)」

キャンプ場からバイクで20分くらいの「天母の湯」へおじゃましました。
駿河湾を一望できる絶景を楽しみながら入る露天風呂があり、夜には夜景を眺めることもできるそうです。

入場料金 当日1時間券 410円
入場料金 当日3時間券 730円
営業時間 10:00~20:00 ※最終受付:閉館1時間前
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

オープンと同時くらいに入ったのですが、思いのほかお客さんが多め。
人気な温泉なのでしょうか。
薬草、漢方が使われている「薬湯風呂」は本当に体の芯からポカポカして、体の疲れが取れました

お風呂上りに、「このタイプのアイス久しぶりに見るわ~」とついつい購入。


火照った身体にアイスの冷たさがしみます。いいお風呂でした!

おしまい

静岡県にある「Foresters Village Kobittoあさぎりキャンプフィールド」での1泊2日でした。

垣根に覆われているので、視線を気にすることもありませんし、木々に囲まれているので鳥のさえずり、小川のせせらぎが聞こえて、オアシスのようなリラックスできる環境でした。
ときたま聞こえる子供たちの楽しそうな声も良いBGMになります。

「Foresters Village Kobittoあさぎりキャンプフィールド」へ行ける距離にお住まいの方、女子ソロキャンパーさんはぜひとも一度遊びに行ってみてくださいね!

ぐみコ
ぐみコ

女子限定サイトは予約が取りにくいですが、また行きたいと思いま~す!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ソロキャンプの魅力にどっぷりハマり、年間100万以上、沼に注ぎ込んでしまう、週末キャンパー兼アラサーOL。社会の理不尽さを自然で癒す企業戦士。

目次
閉じる