【なぜ人気?】SOTO レギュレーターストーブ ST-310を今更だけど買っちゃいました!【レビュー】

  • URLをコピーしました!
この記事を読むとこんなことがわかります
  • ST-310がなぜ人気なのか?その魅力ポイント5つ
  • ST-310の残念ポイントとその解決策
  • ST-310のおすすめオプション4選

こんにちは、ソロキャンプが大好きなぐみコ(@gumicamp)です。

キャンプで料理をするのに、ガスバーナーは必需品。

ガスバーナーといっても、OD缶を使うもの、CB缶を使うもの、シングルバーナー、ダブルバーナー…
沢山の種類がありますね。

その中でも私が完全にべた惚れしているのが「SOTO」の「レギュレーターストーブ ST-310」 です。

レギュレーターストーブ ST-310

気温に左右されない安定した火力とコンパクトな収納サイズが魅力。

ベテランからビギナーまで絶大な支持を得ている人気ガスバーナーです。

「これは確かに人気が出るわけだ」と納得したその魅力について、詳しくご紹介したいと思います。

このブログの管理人
  • 女子のソロキャンプ歴3年目
  • 通算100泊以上
  • 移動手段はバイク多し
  • キャンプ道具に給料のほとんどを捧げる30代OL
ぐみコ
目次

SOTO レギュレーターストーブ ST-310のスペック

「SOTO レギュレーターストーブ ST-310はガス缶に直接接続して使うガスバーナーです。

「SOTO」は、業務用バーナー、アウトドア用バーナーやガストーチなどを製作している「新富士バーナー 株式会社」のアウトドアブランド。

オリンピックの聖火リレートーチの燃焼部の開発にも携わっている、炎に関することに高い技術力を持っているメーカーです。

炎のパイオニアが作り上げるガスバーナーですから、絶対的な信頼が置けます。

レギュレーターストーブ ST-310
サイズ幅166X奥行142X高さ110mm
収納サイズ幅140X奥行70X高さ110mm
重さ330g(本体のみ) 
発熱量※12.9kW(2,500kcal/h)
耐荷重5㎏
使用可能鍋サイズ直径19㎝まで
※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。

SOTO ST-310 のおすすめポイント5つ!

ST-310 の魅力5つをご紹介いたします。

  1. 火力がとにかく強いので冬でも安心
  2. 五徳が大きくクッカーがぐらつかない
  3. 燃料はCB缶なので安く済む
  4. 収納サイズは手のひらサイズ!
  5. 自分色のカスタムが可能

魅力1 火力が強いから冬でも安心

真冬の寒さの中、お湯を沸騰させるのにすごく時間がかかった経験ってありませんか?

ぐみコ

早く暖かいコーヒーが飲みたいのに、なかなかお湯が沸かなくてブルブル震えながら待った日もあったなぁ…

ガスバーナーは気温が低いと火力が落ちやすいです。
最悪、火がつかないなんてこともあります。

しかし、そこは炎のパイオニアが作ったガスバーナーなので心配ご無用。

St-310には、外気温の影響をほぼ受けない「マイクロレギュレーター」が搭載されています。

マイクロレギュレーターとは

一般的にガス缶は冷え・長時間の利用で火力が落ちます。

その火力の低下を抑え、一定の強さを保つ機能がマイクロレギュレーターです。

実際12月のキャンプ場(氷点下3度)でも、火力が落ちることなく料理ができました。

-3℃でもこの火力を維持

個人的には、ST-310を買ってよかったなと一番感じたのがこの火力の強さです。

冬キャンプが大好きな方にとって、短い時間で温かい料理が作れるのは嬉しいポイントですよね。

ぐみコ

ST-310 のおかげでますます冬キャンプが楽しめちゃうよ!

魅力2 五徳が大きく安定している

ST-310は五徳が大きいのも特徴。

ちょっと大きなクッカーでもグラグラせず安定して置けます。

使用可能な鍋のサイズは最大19cm、耐荷重は5㎏。


一般的なソロキャンプに使われるようなクッカーのサイズは13~14㎝程度。

ホットサンドプレートやスキレットなども問題なく置けるサイズ感。

ソロキャンプで使うような料理道具なら安定して置くことができます。

人気ソロ用クッカーのサイズはこちら

商品名コールマン
ソロクッカーセット
SOTO
アルミクッカーセットM
バンドック
ホットサンドプレート
ニトリ
スキレット


サイズ大:直径12.5×深さ10cm
小:直径12×深さ5cm
大:直径13×深さ10cm
小:直径12×深さ6cm
14.5x12.3cm
(焼き面のサイズ)
15㎝
(焼き面のサイズ)
重さ250g大:120g
小:70g
400g720g
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
ソロキャンプ料理につかう料理道具なら問題なく置けますね。

加えてST-310は五徳の位置が低いため、重心も低くなり安定性もあがります。

ぐみコ

20㎝を超えるものを置くと、反射熱でガス缶が熱くなって破裂するから使わないでね!

魅力3 CB缶だから燃料が安く済む

ガスバーナーに使う燃料は大きく次の3つに分かれます。

  • ガス(OD缶、CB缶)
  • アルコール
  • ガソリン

この中でST-310の燃料はガスのCB缶を利用します。

CB缶の特徴は以下の通り。

CB缶のいいところ
CB缶の悪いところ
  • 価格が安い!
  • コンビニやスーパーでも手に入る
  • 寒さに弱い
  • OD缶などに比べて火力が弱い

CB缶はとにかく価格が安いのが特徴。
消耗品を安く済ませられてお財布に優しいですね。

SOTO CB缶イワタニ CB缶SOTO OD缶プリムス OD缶
画像

価格260円385円638円486円
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
CB缶は総じてお安いです。

ST-310に適合するガス缶は以下の純正品とされております。

春夏向け
冬向け

ただ、CB缶なら規格が一緒なので他のCB缶でも適合します。
最悪忘れてしまってもコンビニで買えます。

ぐみコ

メーカー推奨は純正品!あくまで自己責任でお願いします

実はCB缶は寒さにも弱く、火力も弱い

実はCB缶は寒さに弱く、OD缶を比較すると火力も弱いという欠点があります。

らびコ

寒さと火力が弱いって大丈夫なの!?

しかし、この欠点は先ほどお伝えした『マイクロレギュレーター』が解決してくれます。

CB缶がちょっと頼りなくても、st-310が補ってくれるのです。

なお、冬の寒さに強いCB缶「パワーガス ST-760」がSOTOから販売されています。

10℃を下回るような寒い日は、パワーガスを使うのがおすすめです。

先日、時間を計ったところ、気温0℃でも水1リットルを沸騰させるのに8分という短さでした。

ぐみコ

真冬はお湯を作るのに時間がかかるから、寒さに強いガス缶がおすすめだよ!

魅力4 収納サイズは手のひらサイズ

ST-310は、コンパクトな収納サイズです。

大きさは手のひらに乗る程度で、収納袋もついていますよ。
重さは、350gで缶ビール1本分程度の軽さです。

バッグの隅っこ、洋服のポケット、クッカーの中などスペースを気にせず持っていけるのも魅力です。

魅力5 オプション製品が多いので自分色のカスタムができる

ST-310 はオプション品がたくさんあり、自分好みの使い方、カスタムができます。

人気商品なので、他社メーカーからもST-310 に合うオプションがたくさん販売されています。

公式オプション、他社メーカーオプションをそれぞれ紹介したいと思います。

公式オプション

SOTO ミニマルワークトップ

出典:SOTO

軽量で薄くて軽い!ソロキャンパーにおすすめのミニテーブルです。
ガス缶がミニテーブルによって覆われているので、輻射熱によるガス缶の破裂を防ぐこともできます。

ちょっとしたキッチンスペースを増やすことも可能です。

レギュレーターストーブ専用溶岩石プレート

出典:SOTO

遠赤外線効果でお肉が外がわかりっと中身ジューシーに焼け、野菜もおいしく焼ける溶岩石のプレートです。

安い肉でもふっくらジューシーに焼けると評判の隠れた名品です。

専用の遮熱版もセットでついてるので、安心です。

別メーカーオプション

FUTURE FOX ST-310 専用 ステンレス遮熱テーブル

出典:FUTUREFOX

私も使っている「FUTURE FOX」の遮熱テーブルです。
この見た目もかっこいいですよね。

バーナーの炎から発される熱がガス缶に伝わると破裂の恐れがあります。
それを防ぐためのアイテムです。

ST-310 自体にも遮熱板はついていますが、FUTURE FOXはガス缶全体を覆うため、安心感がUP。

一部分だけ遮熱板あり
ガス缶が完全に覆われる

公式オプションと違って、面倒な組み立てはいらず、ST-310 に上からカポッとはめるだけでOK。

また、通常ガス缶の上の部分は何も置けずに無駄なスペースとなります。
このテーブルを使えば、物が置けるため、スペースの有効活用が可能になるのでいいですよ。

Jeebel Camp ST-310専用風防

ST-310 には風防がついていないため、横からの風に弱いところがあります。

このリングを上からパコッとつければ、燃焼効率があがるので、ガスの節約につながります。

また、チタン製なので、火を入れた後の青っぽい色味もかっこいいですよね。

SOTOからも風防アイテムは発売されていますが、この後、紹介する必須オプション「アシストセット」と同時に使うことができません。
そのため風防ならこちらの商品がおすすめです。

SOTO ST-310の残念ポイントと解決策

キャンパーから指示を受けているガスバーナーではありますが、欠点ももちろんあります。

ST-310の残念ポイントは以下の2つ。

  • 点火ボタンが押しにくい
  • 五徳が熱く、滑りやすい
ぐみコ

詳しく見ていきましょう!

残念ポイント①点火ボタンが押しにくい

奥まったところにある、黒いボタンが点火ボタンです。

奥に押し込むタイプですが、これがものすごく押しにくいのです。


加えて、指をバーナーの下に入れて押すので、炎がすぐそばで「ボッ!」と点くのも結構怖い…

残念ポイント②五徳が熱くなり、すべりやすい

この細いヌルッとした脚が、アルミ製のテーブルなどに乗せると結構ツルツルと動いてしまいます。

また、脚が五徳に直結しているので、火をつけると一緒に熱くなってしまい、ヤケドの危険があります。

バーナーでお湯を沸かして、いったん消して、そのあとすぐにお肉を焼いて…

というときに点火ボタンを押そうとすると指が五徳に触れてしまい、「熱っ!!」となってしまいます。

アシストセットをつけてばっちり解決!

SOTOからこの2つの欠点を解決する便利グッズ「アシストセット」が発売されています。

アシストセットをつけることで、

  • 点火ボタンがめちゃめちゃ押しやすくなります
  • 脚がゴムに覆われるので「熱っ!」がなくなります。

つけるとこんな感じ

点火ボタンは、アシストレバーを指で上から押すだけで点火できるようになります。

アシストセットは、ST-310を使うなら必須レベル。

価格も1,000円程度と高いものではないので、一緒に買うのをおすすめします!

らびコ

点火ボタンが押しにくいのは、使い勝手に影響するからこれは欲しいね

黒いカラーが良い方は下記がおすすめ!

【まとめ】SOTO ST-310 は最高に使えるガスバーナー

発売されて以来、常に売り切れ状態が続いている人気ガスバーナー「SOTO ST-310」をレビューしました。

このガスバーナーの良い点と改善点は次の通り。

ST-310のいいところ
ST-310の悪いところ
  • 火力が強くて冬でも安心
  • 五徳が大きく安定している
  • 燃料がCB缶で安い
  • コンパクトな手のひらサイズ
  • オプション品が多い
  • 点火ボタンが押しにくい
  • 脚が熱くなってしまう
  • ツルツルと滑りやすい

このST-310を買って、個人的によかったなと思ったのは「火力のつよさ」です。
冬キャンプが好きな私にとって、火力が維持されるST-310は「本当に買ってよかったな」とキャンプをするたびに実感します。

また、SOTOから出ている「アシストセット」を使えば、欠点もまるっと解決できます。

人気商品なので、他社からの魅力的なオプション品が多く、自分色のガスバーナーにできるのも楽しいですね。

ぐみコ

ガスバーナー探しているならSOTOのST-310は本当におすすめ!

らびコ

冬キャンプのために買っちゃおうかな!!

今回おすすめしたキャンプ道具はここから買えます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソロキャンプの魅力にどっぷりハマり、年間100万以上、沼に注ぎ込んでしまう、週末キャンパー兼アラサーOL。社会の理不尽さを自然で癒す企業戦士。

目次