焦げ付かないメスティン-面倒な洗い物から開放される- レビュー記事はこちら!

【初心者の不安を解消】初ソロキャンプは手ぶらプランがおすすめ!体験レポート!

ソロキャンプというと、テントやシュラフ、チェアやテーブル、ランタンに焚火台など、用意する道具はかなり多め。

らびコ

いきなり全部の道具を揃えて挑戦するのはまだ怖いよ!


と、躊躇されてる方も多いですよね。

『ソロキャンプができるかまだ不安…』という方向けに「手ぶらソロキャンプ」というプランを用意してるキャンプ場が最近は増えてきました。

手ぶらソロキャンプとは?
キャンプに必要な道具をまるっとまとめてレンタルして、キャンプができるサービス。
必要ならばキャンプ場スタッフさんも設営等を手伝ってくれるため、初めてのソロキャンプでも安心。

まだ道具を持っていないけど「やってみたい」という方にとって、強い見方になるプランです。

今回は、手ぶらソロキャンププランを利用してみましたので、レポートしていきたいと思います!

この記事はこんなコトがわかります
  • 手ぶらソロキャンプの良い点と気をつける点
  • 手ぶらソロキャンププランの一日の流れ
  • 手ぶらソロキャンプを提供しているキャンプ場
目次

手ぶらキャンプは大きく4種類に別れる

一般的に手ぶらキャンプというと、次の4つに別れます。

快適度や楽チン度は、上に行くほど高いです。

  1. グランピング…ホテル並みの豪華な設備、食事、サービスが用意された、おしゃれなお手軽キャンプ。
  2. コテージキャンプ…家具家電備え付けの宿泊小屋。トイレやシャワールーム付きの場合が多い。
  3. 手ぶらプラン(常設型)…スタッフさんの手でテントやタープは設営済み。設営無しで体験できるプラン
  4. 手ぶらプラン(自営型)…テントや道具をすべてレンタルして、自分で設営する。

今回、レポートするのは4番目の手ぶらプラン(自営型)です。

キャンプ用品をすべてレンタルして、自分で設営するので、本格的なソロキャンプが楽しめる内容となっています。

手ぶらソロキャンプはどんな人におすすめ?

らびコ

キャンプ道具すべて集めて『やっぱり続けられない!』ってなったらどうしよう!

ソロキャンプをしようと思った方なら、誰もが一度は考えることではないでしょうか?

私自身も、いきなり道具を集めるのは抵抗があったため、ソロキャンプデビューは手ぶらプランを利用しました。

手ぶらキャンプはこんな人におすすめ
  • ソロキャンプのデビューしたいけど、不安を抱えてる方
  • 他の道具も使ってみたいという方
  • いきなり全部の道具を集めるのは抵抗がある方

また、ソロキャンプを普段からしてる方でも、他の道具が使えるので、なかなか新鮮な気持ちになります。

ぐみコ

道具がたくさん必要なキャンプのハードルをさげられるよね!

【結論】手ぶらソロキャンプをやってみた結果

 

結論から言うと、これからソロキャンプに挑戦しようと思ってる方は、手ぶらプランはぜひともやってみてほしいと強く感じました。

手ぶらソロキャンプで得られるメリット

  1. ソロキャンプの楽しさ&大変なところを体感できる
  2. キャンプ場スタッフさんが手伝ってくれるので初めてでも安心
  3. キャンプの一連の流れがわかるので次回から自信が持てる

ソロキャンプの楽しさ&大変なところを体感できる

らびコ

火起こし成功した!焚き火ってこんな楽しいんだ!

ぐみコ

外で食べるラーメンってなんでこんなに美味しいの!

ソロキャンプの楽しい発見と気づきの連続で、とても充実した1日になるはずです。

らびコ

虫がちょっと…ソロキャンプはハードルが高かったよ…

もちろんこんな気づきがあっても良いと思います。
実際にやってみることで、ソロキャンプが自分に向いてるのか、そうじゃないのかの判断できますよね!

キャンプ場スタッフさんが手伝ってくれるので初めてでも安心

有料、無料問わず、手ぶらプランの場合、キャンプ場のスタッフさんが設営をお手伝いしてくださることが多いです。

らびコ

気にかけてもらえると、不安が少し和らぐね!

また、手ぶらソロキャンプをやる方が初心者であることをスタッフさんもわかってますので、見廻りに来て『何か困ってることはありませんか?』と声をかけてくれたりします。

キャンプの一連の流れがわかるので次回から自信が持てる

いまやyoutubeや雑誌、テレビやアニメなどでソロキャンプがどんなものなのか?という情報は手に入りやすくなりました。
でも、実際にやってみないと細かいところまでは正直よくわからないことばかり。

一度体験してるのとしていないのでは、次回のソロキャンプへの自信度は雲泥の差だと思います。

手ぶらソロキャンプで気をつけたい点

  1. レンタルできる道具を把握、必要なものは別途用意しよう
  2. ロープの結び方は、事前に覚えておこう
  3. 食事はかんたんなものを用意しよう

レンタルできる道具を把握、必要なものは別途用意する

道具をすべてレンタルできるといっても、限度があります。
事前に借りられるモノをチェックのうえ、足りなそうな小物は持って行きましょう

以下は、手ぶらプランでも持って行くのがおすすめなモノです

持っていくべき小物グッズ

ペグ(テント付属のペグは脆いものが多いため)
虫除けグッズ
薪割り用のナイフや鉈
ガスライター
クーラーボックス
ウェットティッシュ
水分や食材

ロープの結び方は、事前に覚えておく

自分でテント等を設営するプランの場合、テントやタープに必要なロープワークを練習しておいた方が安心。
スタッフさんに手伝ってもらえますが、せっかくですから、チャレンジしてみましょう。

以下の動画がわかりやすくておススメ。
ロープの結び方の基本「もやい結び」だけでも出来るようになっておくといいですよ。

 

食事はかんたんなものを用意しよう

初めてのソロキャンプは慣れないことの連続。
外で作る料理だって、難しいことをしようとすると焦がしたり、失敗しちゃうかもしれません。
せっかくなら、おいしいごはんやおつまみで乾杯したいですよね。

この日は冷凍たこ焼きをホットサンドで

食事は、お肉をフライパンで焼くだけとかクッカーでお鍋をしてみるとか、手のかからないものがおすすめ!

ぐみコ

ちょっと高級なステーキを持ち込むとテンションあがるよ!

手ぶらソロキャンプの体験レポート!

今回、お邪魔したキャンプ場


今回お邪魔したのは、群馬県北軽井沢市にある「北軽井沢スウィートグラス」です。
設備がきれい!管理人さんが24時間在中してて女子も安心!とにかく人気でソロキャンプデビューにはうってつけのキャンプ場です。

こちらの記事でキャンプ場レポートもしているので、あわせてご覧ください。

手ぶらソロキャンププランの概要


手ぶらソロキャンププランで用意されている道具は以下の通りです。

基本セットとお料理セットの両方を選べば、ほぼキャンプに必要なものはコンプリート。

お値段 5,500円(税込)

初心者向けテントとして、おすすめの「パンダテント」をはじめ、必要な道具はほぼそろっています。

手ぶらキャンプの1日の流れ

STEP
10:30 チェックイン&レンタル受け取り

チェックイン&道具一式をレンタルします。
レンタルする際に、「一人で立てられますか?」と確認がとられました。
不安な方はここで「お手伝い」をお願いしましょう。

また、結構な量、重さになるので、リアカーを貸してもらいましょう。

STEP
10:45 設営開始

実は、今回借りたコールマンのテントとタープは、私も初めて立てるものでした。
念の為、事前に動画で立て方を勉強しておきました…

STEP
12:00 設営終了

初心者向けと言われるテントとタープでしたが、設営完了までに1時間かかりました。
普段からキャンプをしてるとは言え、初めて使うテントとタープ設営はすんなりいきませんね。

ぐみコ

ソロキャンプデビュー戦の場合は、スタッフさんに、お手伝いしてもらった方が安全だね!

STEP
12:30 お昼ご飯

料理に必要な道具もこの通り、お湯を沸かす、何か炒める程度であれば問題なし。
この日は、初めてのキャンプらしさを出すため、お湯を沸かしてカレーヌードルをいただきました!

STEP
14:00 日帰り温泉へ

設営が終わって、食事を済ませたらいよいよ自由時間。
お昼寝するもよし、本を読むのも良し、お絵かきや写真など趣味に没頭するのもよし。

私は温泉巡りがすきなので、キャンプ場近くの日帰り温泉「星野温泉 トンボの湯」にお邪魔してきました。

STEP
16:00 焚火の準備
らびコ

ソロキャンプをするなら、焚き火は絶対にやりたいよね!

事前にホームセンターなどで薪を入手することも可能ですが、キャンプ場にも薪は売っています。
そのまま燃やそうと思えば燃やせますが、ナイフや鉈などで細く割ることで、非常に燃えやすくなります。

女性にとってはなかなか力仕事ですが、是非、挑戦してみましょう!

STEP
17:00 夕飯の準備&焚火の準備

薪を割り終えたら、夜の宴の準備です。
焚き火台に薪を乗せ、じっくりと火が付くのを待ちます。

ぐみコ

火起こしでは簡単に火がつく「着火剤」を使うのがおススメ。

夕飯はちょっと良いお肉を焼くなり、お刺身を買ってくるなり、出来合いの物でもOK!!
最初は、あまり凝りすぎず、のんびり楽しみましょう!

STEP
18:00 乾杯!

焚き火を見ながら、ちびちびとお酒を呑み、おつまみをいただく。
お肉をジュージュー焼いて、お酒をゴクリ…最高の時間です!

STEP
21:00 テントの中へ…就寝

このくらいの時間にはテントの中に入って、消灯します。
大抵のキャンプ場は22時が消灯時間です。消灯時間後は静かに過ごしましょう。

STEP
6:00 起床&朝ごはん

寝るのが早いので、起きるのも早い。
朝から難しいことはしない。

ソロキャンプなので回りを気にせず好きなものを食べましょう。

STEP
8:00 片付け開始

このくらいの時間になると、冬でも朝日が昇ってきて、夜露で濡れたテントやタープを乾かしてくれます。

食器を洗ったり、寝袋やテントを畳んだり、灰やごみを捨てたり、設営の時よりもやることはたくさんあります。

ぐみコ

片付けの方が時間がかかるよ!2時間くらいは見ておこう。

STEP
10:00 チェックアウト&レンタル品返却

レンタル品を返却して、チェックアウトを済ませたら、手ぶらソロキャンプ終了です!

ここで「またやりたいな~!」と思えたら、是非ソロキャンプ用の道具を集めはじめてみてください。

手ぶらソロキャンプサービスを提供している関東近辺キャンプ場

関東近辺で手ぶらソロキャンプを提供している主なキャンプ場はこちらです。

キャンプ場お値段設営サポート公式サイト

PICA 富士西湖7,000円追加2,500円詳細を見る

アーバンキャンピング朝霧宝山19,800円常設型詳細を見る
RECAMPしょうなん 16,000円詳細を見る

PICA八ヶ岳明野6,000円 追加2,500円 詳細を見る
若洲アウトドアセンター5,500円 詳細を見る

私の体験上、手ぶらソロキャンプができるキャンプ場は増えたり減ったりを繰り返しています。
探してみると、いろんなキャンプ場でこのサービスをやっているので、ぜひあなたのお住いの近くにないか、探してみてください。

初ソロキャンプは手ぶらプランで!まとめ

全くソロキャンプをしたことがない方にとっては、『本当にできるのかな?』そんな不安をいだいてる人も多いですよね。

そんな不安を解決するのが『手ぶらソロキャンプ』というキャンプ場が用意しているプランです。

キャンプ道具をすべてレンタルして、ときにはスタッフさんの力を借りて、ソロキャンプを体験できるプランです。

手ぶらソロキャンプの注意点
  • レンタルできる道具を把握して、必要なものがあれば用意
  • ロープの結び方は事前に覚えておくと安心
  • 食事はカンタンなものにしておくと快適

事前に必要な道具をチェックしたり、ロープの結び方を学んでみたり。
初めてだからこそ、事前に準備万端で臨むことで、楽しいソロキャンプ時間を過ごせますよ。

手ぶらソロキャンプで得られるメリット
  • ソロキャンプの楽しさ&大変なところを体感できる
  • キャンプ場スタッフさんが手伝ってくれるので安心
  • キャンプの一連の流れがわかるので次回から自信が持てる

キャンプ場スタッフさんがお手伝いしてくれたり、「大丈夫ですか?困ってませんか?」と気にかけてくれるのが、初めてのソロキャンプだととても安心ですよね。

らびコ

手ぶらキャンプならすぐにでも出来そうだね!!

ぐみコ

ソロキャンプデビューが不安なら、まずは手ぶらプランから始めてみよう!

キャンプ用品は持っていないけれど、まずはソロキャンプをやってみたい!という方は「手ぶらソロキャンプ」を上手に活用して、キャンプデビューしてみましょう!

道具を購入して、ソロキャンプに挑戦する自信がついた方に向けて、キャンプに必要な道具解説をしています。


初心者目線で、難しいことは書かずにわかりやすくポイントを解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ1クリックしてくれたら嬉しいです!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ソロキャンプの魅力にどっぷりハマり、年間100万以上、沼に注ぎ込んでしまう、週末キャンパー兼アラサーOL。社会の理不尽さを自然で癒す企業戦士。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる