焦げ付かないメスティン-面倒な洗い物から開放される- レビュー記事はこちら!

ソロキャンプって何してるの?1泊2日のタイムスケジュールをご紹介!

ぐみコ
ぐみコ

こんばちわ、ぐみコです

ソロキャンプが趣味だと友人などに言うと

『え?一人?何してるの?』

『暇じゃないの?』

なんて聞かれることが多いです。

ソロキャンプに興味があっても、「具体的に何をしてるのか、よく分からない」って人も、中には、いるのかなぁと思います。

今回は、私のソロキャンプ時間をタイムスケジュールにして、追っていきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ

  • ソロキャンプに興味があるけどイマイチ何してるか分からない方
  • ソロキャンプ1泊2日の流れを知りたい方
  • 他のソロキャンパーの1日を覗いてみたい方

それでは、早速見ていきましょう!

前日:パッキング

キャンプの朝はなにかと早めです。荷物の積み込みは、絶対に前日に済ませましょう!

キャンプは持っていくものが沢山あるため、それを車に乗せたり、パッキングするのにとても時間がかかります。

『明日はどの道具を使おうかなぁ?』『これを使って、あれを作ろう!』なんて計画を立てながら、荷物を詰めていきます。

私は、バイクで移動するので、道具は一つのバッグに全部入れています。
7:00 出発

なるべく良い場所を取りたいので、チェックイン時刻前には、キャンプ場に着いていたいですね。途中、買い出しのためにスーパーに寄ったり、渋滞を考えて、チェックイン時刻より早め(目安2時間前)に到着するプランで動いています。

9:00 スーパーで食材を買い出し

このときの買い出しは最低限で、基本的には、荷物を少なく、更に時短料理のために、前日の内に下ごしらえしておくようにしています。

それから、火にかけるだけで美味しい缶詰なんかはずぼらキャンプには、もってこいの食材ですよ!

缶詰を温めるだけの簡単アヒージョ!
10:00 チェックイン

チェックイン時間は大抵、13:00としているキャンプ場が多いですが、追加料金を支払うことでアーリーチェックインができるキャンプ場も多いです。

キャンプ場の管理棟にて、その日の料金支払いと名前住所の確認、キャンプ場のルール(ゴミ捨て、焚き火、消灯時間など)の説明を受けたりします。

10:15 テント設営開始

受付で手続きが済んだら、今日のサイト(テントを建てる場所)に向かい、テントやタープを立てて、椅子、テーブル、寝袋などを広げていきます。私の場合、すべて設営するのにいつも1時間程度はかかってます。椅子を最初に組み立ててしまって、座り座り、休みながらやりますよ。

キャンプやり始めの頃は、この状態にするのに、約1時間30分かかってます。焦らず設営しましょう。
11:30 椅子に座ってココア休憩

自分のサイトの設営が終わったら、ここから、もう自由時間です。まずは一杯、空の下でホット一息。

椅子に座って、空を見上げてみよう。落ち着くよ。
12:00 お昼ごはん

朝ごはんを食べずにキャンプ入りすることが多いので、もうお腹ペコペコの状態です。

なので、お昼ごはんは(夕ご飯もだけど)、あまり凝らずにささっと作れるものにします。

ハムとチーズを挟んだだけの簡単ホットサンド

肉まんをホットサンドで挟んで焼いたものとか、お湯を入れるだけのカップラーメンも外で食べると最高に美味しいんですよ!!

13:30 キャンプ場の散策

受付の売店には何が売ってるのか?シャワーはどんな感じか?他のサイトはどんな雰囲気か?などなどプラプラ散歩をしながら観察しています。

暑い日はアイスを買っちゃうのも、もちろん良い!

このとき、ついでに焚き火用の薪を一束買って、サイトに持ち帰ります。

14:00 薪をバトニング

売店で買ってきた薪を、焚き火で燃えやすいように、ナイフで細かく割っていきます。(バトニングといいます)

これをやってると、今でも「私、キャンプしてるわー」という謎の満足が得られます。

15:00 近くの温泉へ

その地域の温泉、銭湯に行くのが、キャンプの楽しみの一つです。

都会の銭湯と言うと、どうしても人が沢山いて、のんびり出来ないのですが、キャンプ場近くにある温泉は、地元の方がちらほらいるだけで、運がいいと貸し切りだったりします!

16:30 少しお昼寝

昼寝!?と感じる方もいると思うのですが、ソロキャンプの醍醐味は、自由であること。

自分の立てたお気に入りのテントで、気持ちいい寝袋に包まって、お昼寝するのは本当に、気持ちいいものなんですよ。

17:30 夕飯

お風呂に入って、お昼寝して、体力バッチリ回復したので、キャンプの本番?夜の部に突入です。

料理は、その日の気分で、かんたんに済ませる日も、少し時間かけて作る日もあります。

お酒を飲みながら、ちびちびいけるおつまみ系を作るときのが多いかもしれません。

初炭火での焼き鳥。意外と様になってる。
18:00 焚き火開始

夕飯のお摘みが作り終わったら、焚き火の火をつけるようにしてます。

飲んで、食べて、焚き火を見る。
もうね、これだけで平日のストレスが吹っ飛びますよ。
キャンプ場で売ってる薪って一束1.5~3時間(薪の種類に因る)くらい燃え続けるので、寝る時間から逆算して始めましょう。

昼間から焚き火をする日も。焚き火はいつやってもOK!
19:00 映画を見る

焚き火の火が安定してきたら、Amazonプライムで、見ようと思っていた映画やアニメをお酒と共に鑑賞します。事前に、観たい映画をWi-Fi環境下でダウンロードしておくと、ストレスなく鑑賞できます。

21:00 片付け&寝る準備

映画を観終わったら、そろそろ夕飯で使った食器や道具を洗って片付け、歯を磨いたり、ゴミ袋や大切な道具をテントの中にしまうなど、寝る準備を始めます。

ぐみコ
ぐみコ

ゴミ袋をテントの外に出したまま寝ると、獣に荒らされちゃうよ。

22:00 就寝

どこのキャンプ場にも消灯時間があります。

その時間までにはランタンの明かりを落として、テントの中に籠もります。

普段の生活から考えると22:00就寝って早い気がするんですが、朝早くから体を動かしてるので、この時間くらいには眠くなってしまいます。おやすみなさい🌛

翌日6:00 起床

夜、寝るの早いから、朝も早い。

6:15 朝のココアタイム

朝日を浴びながら、ココアで目を覚まします。寒い冬場なんかは、一緒に焚き火もすると更にいい目覚めです。

ぐみコ
ぐみコ

本当はコーヒーを飲めたらかっこいいですが、舌が子供です。。

7:00 朝ごはん

朝も眠いので、お湯を入れるだけのコーンスープとこんな感じでピザをホットサンドで焼いたり、ちゃっちゃっと作って、お腹を満たします。

そして、しばし、太陽に包まれてぼーっとします。

朝は簡単にピザトーストをホットサンドメーカーで
8:30 片付け開始

片づけは、設営と違って、タープや寝袋を乾かしたり、ごみや灰を捨てに行ったり、結構時間がかかります。

チェックアウトに余裕を持って、片付けを開始します。(初心者さんは、大体2時間は見ておくと安心です

10:30 チェックアウト

管理等の受付で、チェックアウトの手続きを済ませ、キャンプ場を後にします。

チェックアウトは、帰りまーすって声をかけるだけだったり、受付のときにもらったファイルを返すだけなど、非常に簡単に終わります。

14:00 帰宅&テントなどを干す

家につく頃はヘトヘトですが、使ったテントやタープ、寝袋は、家に帰ってからもう一度干すようにしています。

カンカン照りの晴れ日だったら、やらなくてもOKですが、そうじゃないときはしっかり干してます。

ぐみコ
ぐみコ

じつは、これをやらなくて、テントをカビらせたことがあるのです…


おわりに
『暇なんじゃないの?』なんて思われちゃうソロキャンプですが、一人だからこそ、やること多めです。

そして、一人だからこそ、誰にも縛られず自由に、その時の気分でやりたいことができるのです。

ソロキャンプにプラスαで、写真だとか、釣りだとか、絵を描くだとか、趣味を広げるのも楽しさの1つですよね。

ぐみコ
ぐみコ

一日の流れを書いてたら、また行きたくなってきちゃった! 

それではこのへんでおしまい!キャンプで心の洗濯を★またねー!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ソロキャンプの魅力にどっぷりハマり、年間100万以上、沼に注ぎ込んでしまう、週末キャンパー兼アラサーOL。社会の理不尽さを自然で癒す企業戦士。

目次
閉じる