なぜ「ゴールゼロ」は定価で買えないのか?ソロキャンプ用LEDランタンの人気に迫ります!

  • URLをコピーしました!
この記事はこんな方におすすめ
  • ゴールゼロの魅力、あともう一歩なところを知りたい方
  • ゴールゼロを買おうか迷っている方
  • ソロキャンプ向けのLEDランタンを探している方

こんにちは、ソロキャンプが大好きなぐみコ(@gumicamp)です。

小型LEDランタンの定番と言ったら「ゴールゼロ」ですよね。

手のひらサイズのコンパクトなボディにもかかわらず、ソロ用として十分な明るさを確保

3つのタイプの光り方で、メインから寝るときの豆電球まで様々なシーンに対応しています。

あまりの人気に、どれだけ待っても公式サイトに在庫はなく、キャンプ道具店に問い合わせても入荷未定。

Amazonや楽天市場で見ると定価より高い。

なぜゴールゼロはそんなに人気なのか?

3年前に買ったゴールゼロを今でもキャンプで愛用している私が、ゴールゼロの魅力をとことんご紹介します!

¥6,700 (2022/11/12 19:22時点 | Amazon調べ)
目次

ゴールゼロとは?人気過ぎていつも品薄の小型LEDランタン

「ゴールゼロ」が登場したのは2016年9月。私が買ったのは3年前の2019年。

その頃すでにキャンパーの中では「小型で使いやすいLEDランタン」として話題になっていました。

3年経った今でも、品薄で手に入りにくいほどの人気を維持しています。

「ゴールゼロ」と呼ばれていますが「LIGHTHOUSE micro FLASH(ライトハウスマイクロフラッシュ)」が正式な商品名。

ゴールゼロとは、「LIGHTHOUSE micro FLASH」のメーカーの名前です。

ゴールゼロのスペック

  • 重さ:68グラム
  • サイズ:93×37.75mm
  • 定価:4,290円→4,840円→5,280円
  • 明るさ:最大150ルーメン
  • 連続使用時間: 7~170時間
  • 充電時間:約3.5時間(USB充電時)

定価は5,280円ですが、あまりの人気でフリマサイトやAmazonでは1.5倍くらいの値段でやり取りされています。

ぐみコ

定価は少しずつ上がってるのに、人気は全然衰えないからすごいよね!

ゴールゼロが定価で買えない7つの理由

なぜ、ゴールゼロはいつも品薄なのか?

3年使った私が思う、ゴールゼロの良いところを7つご紹介します。

ゴールゼロが定価で買えない人気のワケとは?
  1. たったの68g!手のひらサイズでコンパクト
  2. 明るさ150ルーメンでソロなら十分!
  3. 3種類の光り方でシーンごとに使い分け可能
  4. メインから寝室まで使い分けられる!明るさの無段階調整が可能
  5. 最大170時間!バッテリーが長持ち
  6. USBを直差し充電!邪魔な充電ケーブルがない
  7. カスタムパーツが豊富

たったの68g!手のひらサイズでコンパクト

ゴールゼロの特徴はそのコンパクトなボディと68gという軽さ。

コンビニのおにぎりより軽いので、ザックのポケットにササッと忍ばせても問題なし。

荷物の重さに制限のある、徒歩キャンパーさんでも複数持ちOKですね。

また小さくて軽いので、ファミリーキャンプで複数使いをされる方も多いです。

ぐみコ

ゴールゼロをお店に買いにいくと、ファミリーの方がたくさん並んでることが多いです!

明るさ150ルーメンでソロなら十分!

ゴールゼロの最大の明るさは150ルーメン。

ソロキャンプに適したランタンの明るさは200ルーメンと言われているので、少し足りません。

テントの中や周りすべてを照らせるほどの明るさは求めていない人や焚火をしながらしっぽり過ごす方にピッタリの明るさです。

3種類の光り方でシーン毎に使い分け可能

ゴールゼロの光り方は「全灯」「半灯」「懐中電灯」の3つのモードに分かれます。

  • 全灯ならサイト全体を明るく照らしたいときに。
  • 半灯なら寝る際に少しだけ明かりがほしいときに。
  • 懐中電灯なら、トイレや洗い物をしに行くときに。
らびコ

シーンに合わせて使い分けが可能なのね!

メインから寝室まで使い分けられる明るさの無段階調整が可能

ボタンを押し続けることで、明るさの無段階調整ができます。

一番明るい状態ならメインとして使える明るさ。

一番暗いモードだと、寝室の豆電球代わりになる暗さ

明るいランタンはたくさんありますが、ここまで絶妙な暗さになるランタンは出会ったことがありません。

夜、真っ暗になると寝られない方におすすめです。

最大170時間!バッテリーが長持ち

充電時間は3.5時間の短さですが、一番暗いモードで使えば170時間の連続使用が可能です。

私はいつもゴールゼロを半灯で使っていますが、2泊なら充電せずに使えます。

キャンプで明かりがないのは致命的なので、1回くらい充電を忘れても大丈夫なのは安心です。

逆に一番明るいモードでも7時間保ちます。

以下の表は、とある年の関東の日没(太陽が沈む)時間。

23時に就寝すると想定して、日没が早い冬でも7時間以上は点灯できればOK

季節日没就寝までの時間
18:00約5時間
19:01約4時間
18:07 約5時間
16:24 約7時間

ゴールゼロなら1泊は余裕で保つということですね。

USBを直差し充電!邪魔な充電ケーブルが不要

一般的にLEDランタンを充電する場合はケーブルを使いますが、「ゴールゼロ」にはUSBコネクタがランタンの底についています。

このUSBコネクタを直接、充電アダプターに差し込めば充電可能。

USBコネクタは方向を変えることもできるので、どんな方向からでもアダプターにさせて楽チン。

いまやランタンだけでなく、スマホやカメラなど電化製品を買えば充電ケーブルももれなくついてきます。

地味なポイントですが、すべての小型LEDランタンがこの仕様になればいいのにと思っています。

インジケーターで電池残量も見られます

自分色が出せるカスタムパーツが豊富

ゴールゼロがあまりに人気過ぎて、メーカー以外が題しているカスタムパーツがとにかくたくさんあります。

ほんの一部ですが、ご紹介します。

【シェード】LOCKFIELD EQUIPMENT アダムスキーハット

私が使っているのがこのシェード。

シェードの裏側が反射板になっているので、より明るくなります。

また、無骨なゴールゼロですが、このシェードを使うと単純に見た目もかわいらしくなるので気に入っています。

Thous Winds ランタンシェード&ジャケット

出典:Amazon

ランタンシェードとランタンのカバーがセットになったアイテム。

色はブラック、カーキー、ベージュの3種類あるので、あなたのギアに合わせて選べます。

ゴールゼロをよりかっこよく使いたい方におすすめ。

Thous Winds 花火シェード

見た目がインパクト大のランタンシェード。

花火のような模様が美しく、真夜中、テントの中で花火大会が楽しめますね。

大人はもちろん、子供も喜ぶ夜になりそうです。

ゴールゼロが買えないなら類似品を買うのもあり!

発売から6年経っても、人気が衰えないゴールゼロ。

ゴールゼロを手に入れるには、運よくキャンプ用品店で見つけるか、定価より高い金額を出して購入するしかありません。

これほどまでに人気のランタンなので、ゴールゼロに似た商品がたくさん出てきています。

試しに1つ買って使ってみましたが、ゴールゼロの機能とほぼ同じで使い勝手に優劣はつけ難かったです。

ゴールゼロのブランドにこだわらず、機能面が気に入っていてほしいんだ!という方には本当におすすめできます。

詳しくは、【7つのポイントで比較】ゴールゼロと似すぎ!GumochのLEDランタンの実力は?をご覧ください。

¥4,599 (2022/11/19 10:35時点 | Amazon調べ)

ゴールゼロの好きじゃないところ

3年使っているゴールゼロですが、2つだけ好きになれないところがあるので、正直に書きます。

  • ボタンが押しにくい
  • 色使いのせいで見た目が機械っぽい

ボタンがとにかく押しにくい

ボタンが小さいうえに固いので、押すのに力がいります。

夜、テントの中でランタンの明かりを消そうとボタンを押しても、眠くて力が出ないので、なかなか消せないことがあります。

もうちょっと大きくて、押しやすいボタンだとうれしいのですが…

【レビュー】ゴールゼロはもう不要!?LUMENA(ルーメナー) M3があれば大満足 でご紹介している同じソロキャンプ向けLEDランタンはボタンが押しやすくて気に入っています。

色使いが奇抜で見た目が機械っぽい

ブラックとシルバーに蛍光カラーというカラーリングなので、どことなく機械っぽい見た目をしています。

全部ブラックだったらよかったのに…と思っています。

ゴールゼロの日本限定カラーが登場!

出典:ask

2022年11月2日よりベージュとカーキの2種類の限定カラーが販売されています。

ただでさえ手に入りにくいゴールゼロですが、限定カラーは販売個数に制限があるため争奪戦。

フリマサイトでは、定価の約2倍でやり取りされている状態で、定価で手に入れるのは難しい状況です。

ぐみコ

私も朝早起きして買いに並んだり、抽選に挑戦したりしましたが、限定カラーが手に入りません…

実はゴールゼロは3種類あります

今回紹介したLIGHTHOUSE micro FLASH 以外に、同シリーズのLEDランタンが2つあります。

  • LIGHTHOUSE micro FLASH
  • LIGHTHOUSE micro
  • LIGHTHOUSE micro CHARGE
画像価格点灯モードランタン(半灯)懐中電灯USB充電USB給電
LIGHTHOUSE micro flash

5,280円3パターンありありありなし
LIGHTHOUSE micro
4,180円2パターンありなしなしなし
LIGHTHOUSE micro CHARGE
6,180円3パターンありありありあり

「micro」は懐中電灯部分がないかわりに少し安価。
「micro CHARGE」はモバイルバッテリーとして使うことができます。

そのほか、光量はすべてMAX150lm、連続稼働時間は7~150時間と変わりありません。

¥6,200 (2022/11/14 23:31時点 | Amazon調べ)
¥6,150 (2022/11/14 23:30時点 | Amazon調べ)

【まとめ】なぜゴールゼロは定価で買えないのか?7つの人気のワケ

今回は、ソロキャンプ向けLEDランタンとして王者に君臨し続ける「ゴールゼロ」についてご紹介しました。

3年使い続けた私が思う、ゴールゼロが人気なワケは次の7つ。

ゴールゼロが定価で買えない人気のワケとは?
  1. たったの68g!手のひらサイズでコンパクト
  2. 明るさ150ルーメンでソロなら十分!
  3. 3種類の光り方でシーンごとに使い分け可能
  4. メインから寝室まで使い分けられる明るさの無段階調整が可能
  5. 最大170時間!バッテリーが長持ち
  6. USBを直差し充電!邪魔な充電ケーブルがない
  7. カスタムパーツが豊富

小さな見た目からは想像できないほどの明るさを発し、メインにも寝るときの豆電球にもできる。

1本だけでなく複数持っていたい、定価で手に入らないのも納得の多機能ランタンでした。

ゴールゼロがあれば、あなたのキャンプ道具は軽くなり、キャンプ時間がさらに快適になりますよ。

ゴールゼロを買うか悩んでいるあなたにとって、この記事が参考になるとうれしいです!

¥6,700 (2022/11/12 19:23時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソロキャンプの魅力にどっぷりハマり、年間100万以上、沼に注ぎ込んでしまう、週末キャンパー兼アラサーOL。社会の理不尽さを自然で癒す企業戦士。

目次