【宿泊レポ】流行りのグランピング!「森と星空のキャンプヴィレッジ」で快適&贅沢なキャンプをやってみた!

  • URLをコピーしました!

栃木県にあるグランピング施設「森と星空のキャンプヴィレッジ」に行ってきました!

いつもやっているソロキャンプではなく、複数人でグランピングに挑戦です。

ベルテント ワイド
出典:森と星空のキャンプヴィレッジ
らびコ

とにかくキレイ!かわいい!快適なところだよ!

ぐみコ

キャンプをしたことない人にはもちろん、キャンプが好きな人にもおすすめ!

これからキャンプをやってみたいという方、グランピングって聞いたことあるけど、どんなもの?
と思われている方に向けて、詳細にレポートしていきたいと思います!

このキャンプ場はこんな人におすすめ
  • 今までキャンプをやったことがない!という方
  • キャンプに挑戦してみたいけど、とりあえずどんなものなのか試してみたい方
  • インスタ映え間違いなし!オシャレなキャンプをしてみたい方
このブログの管理人
  • 女子のソロキャンプ歴3年目
  • 通算100泊以上
  • 移動手段はバイク多し
  • キャンプ道具に給料のほとんどを捧げる30代OL
ぐみコ
目次

グランピングって何?

らびコ

グランピングって?

ぐみコ

快適な環境で、お手軽にアウトドアを楽しめる高級キャンプだよ!

グランピングとは、グラマラス(魅惑的な、華やかな)×キャンプの造語。

グランピングは、キャンプを全くしたことがない方におすすめ。

テントやテーブルなどキャンプをするのに必要なものが常設されていて、難しい設営は不要。

テントの中は、ふかふかベッドやソファ、冷蔵庫や冷暖房まで置いてあることが多いです。

プランによっては、豪華な食事がついてくるので、ほぼ手ぶらで快適なキャンプが楽しめます

ホテルとキャンプの中間に位置するのがグランピングです。

日本では2015年ころからじわじわと話題になり、今では人気なところだと、予約が取りにくくなってきてるほど人気になアウトドアになっています。

「森と星空のキャンプヴィレッジ」ってどんなところ?

森のアクティビティとモータースポーツが楽しめる「ツインリンクもてぎ」のエリア内にできたグランピング施設です。

ベルテントやロータステントといった高級なテントが30弱ほど用意されています。

キャンプの中は、ベッドがあったりコタツが置いてあったり、日常と変わらないレベルの時間が過ごせます。

1基50万以上の高級テントが立ち並びます

森と星空のキャンプヴィレッジの評価グラフ

初心者向け?何でもそろっている?
No!
YES!
女子向け?きれい?安全?
No!
YES!
ソロ向け?静か?
No!
YES!
ぐみコ コメント キャンプ気分を味わってみたいならここ!
チェックイン 15:00~
チェックアウト ~10:00
アーリーチェックイン なし
レイトチェックアウト なし
トイレのウォシュレット
炊事場(温水が出るか?)
シャワー
温泉 〇(徒歩7分)
ゴミ回収
売店
自動販売機
24時間常駐 ×
700円(針葉樹15本前後)
住所 栃木県芳賀郡茂木町桧山120−1

サイト全体の様子

今回、私たちが泊ったのは、2021年に新しく増設された「ロータステント」です。
見た目は玉ねぎみたいなテントですね。

定員4人のものと6人まで泊まれるものがありますよ。

また、車も1台までならテントの横につけることができます。
荷物を運ぶのも楽になりますね。

なお、2台目以上は追加料金が発生します。

  • 車の場合:1,000円/1台
  • バイクの場合:500円/1台

※バイクは横付けすることができませんでした。

テントの側にはハンモックも置いてありましたよ!

テントの外の様子 BBQも楽しめるプライベート空間

テントの出入り口の前には、ダイニングテーブルとキッチン用テーブル、BBQ用のグリルが置いてあります。

このダイニングスペースはこんな感じで、カーテンを閉めることができます。
プライベート空間が確保できてすごくよかったです。

更にプライベート空間を維持するために、サイトごとに7m以上の間隔が確保されています。
隣が近いと、音や話し声が気になることもあるので、ありがたいですね!

テントの中の様子 ホテルみたいな充実した設備!

テントの中に入ってみると、ふかふかなベッドが4台ドドーンと現れます。
この時点で、私たちテンションMAXです。

他に冷蔵庫やケトル、サーキュレーターやハンガーラックなど、リビング空間にありそうな家具が用意されています。

私が行った日は、1月の真冬だったので、こたつやヒーターが置いてあったり、電気毛布がベッドに敷いてあり、温かく過ごせるようになっていました。

この日の最低気温は-6度でしたが、一緒に来ていたキャンプ未経験の子も、ぐっすりと眠ることが出来たと言っていました。

「森と星空…」という名前のキャンプ場なので、照明が星形です。
女子が好きそうなかわいい空間なので、見てるだけでテンションが上がりますよ!

豪華な食事がつく贅沢プランも!

予算OVERだったため、注文はしなかったのですが、豪華な食事がつくプランも用意されています。

とある日の夕食メニュー

  • Tボーンステーキ
  • 豚ロース
  • ウインナー
  • 野菜類(ズッキーニ、シイタケ、ミニトマトなど)
  • バゲット
  • 焼きおにぎり
  • チーズフォンデュ
  • アユの塩焼き
  • 焼き芋&マシュマロ

※朝食はホテルツインリンク内レストランのビュッフェです。

2名で泊まった場合…
素泊まりプランは、30,500円/1泊
朝と夜の食事がつくプランは、48,600円/1泊

朝夜の食事がつくと値段が高くなっちゃうから、ご褒美キャンプにおすすめです!

らびコ

食事つきプランだと1名あたり宿泊費+約9,000円だよ!

余談:食材はテントの外に置きっぱなしは危険…!

お酒も進み、途中、気を抜いてしまい、食材を外に置いたまま、テント内で談笑していたところ…

ガサガサ!と音が。。。

アヒージョ用に残していたエビを野良猫が全部食べちゃってました。

ぐみコ

食材を外に置きっぱなしにしないのは基本中の基本です…

トイレや炊事場もすごくきれい!

キャンプというと、やっぱりトイレのきれいさってすごく気になるところですよね。

でも、ご安心を!ここは高級キャンプ場!
めちゃくちゃきれいです。

しかも、とっても広いです。

ちらっと覗いてきたのですが、男性用も同じくらいの広さがありました。

ペーパーきれいに畳まず撮ってしまった。。

ちょっと気になったのが、ロータステントエリア(13張分)に男子、女子トイレが一つずつと少ないです。
オンシーズンの春夏になると、並ぶ必要が出てくるかもしれません。

続いて、炊事場です。

ロータステントエリアには、全部で4つのシンクが用意されています。
すべてお湯も出る、冬にも優しい設計です。

スポンジや洗剤も常備されているので、忘れ物があっても大丈夫です!

ゴミ捨て場もあります

キャンプ中は、ウェットティッシュで手を拭いたり、スナック菓子を食べたり、缶ビールを飲んだり…
何かとごみがたくさん出ます。

グランピング施設なので、ごみもキャンプ場側が引き取ってくれますよ。

ごみ袋の用意を!

テント内に小さなごみ箱はありますが、容量が足りません。
大き目のごみ袋を持っていくといいですよ!

売店の品数は必要最低限

売店もあり、必要最低限のものはこちらで買えそうです。

ちょっとしたお菓子とか置いてあるよ!

車で10分圏内にスーパーやホームセンターがあります。
事前に、買い物を済ませてから、キャンプ場に向かうと安心です。

飲み物も売ってます

ホテルの温泉が入り放題です!

グランピング施設から歩いて7分くらいのところに、「ホテルツインリンク」の「のぞみの湯」があります。
グランピング施設に宿泊していれば、何回でも入り放題です。

夜は道が真っ暗なので、明るい時間の方が安全です。

注意!ちょっとうるさいかも!

「森と星空のキャンプヴィレッジ」には、「ツインリンクもてぎ」というサーキット施設が隣接しています。
バイクや車のレースをしている場合があります。

出典:ツインリンクもてぎ

チェックインの15:00~16:00の間は、レースの音が聞こえてきました。

ほんの1時間程度でしたので、気にはならなかったのですが、日程によってはもう少し遅くまで音が聞こえるかもしれませんね。

グランピングで、持って行ってよかったもの!

高級キャンプといえども、全くの手ぶらだとちょっと不便。

これは持っていったほうがいいよ!という物をご紹介します。

ウォーターバッグ

キャンプは野菜を茹でたり、お湯を作ったり、手を洗ったり。。
何かと水を使うタイミングがあります。

必要な度に水道に行っていたら、たまったもんじゃありません!

ウォータージャグがあれば、すぐに水が使えるので便利ですよ!
600円と高いものではないので、用意しちゃいましょう!

¥618 (2022/01/14 19:59時点 | Amazon調べ)
\タイムセール祭 実施中!/
Amazon

防寒具&ホッカイロ

私たちが行ったこの日は、最低気温が-6℃まで下がる、1月の真冬でした。

食事はテントの外で作りますので、当然、激寒です。
テント内は、コタツやヒーターがありますが、所詮は布。
ヒートテックとセーター1枚程度では寒いです。

テント内に置いてあったヒーターはこれ

一緒に来ていた初キャンプの子は、想像以上に寒かったようです。

念のため、ダウンジャケットやホッカイロ、ブランケットなども持ってきていたので、これが正解でした。

らびコ

慣れてないとキャンプ中の寒さってつらいよね!

脱ぎ履きしやすい靴

キャンプって、テントの中と外を何度も往復します。

夜、トイレに行くとき。
外で料理中に、冷蔵庫に食材を取りに行くとき。
車に忘れ物をしたので取りに行くとき。 などなど…

その度に、脱ぎ履きが面倒な靴だと外に出るのも嫌になるほどです

ぐみコ

一緒に来た子がショートブーツだったので、結構めんどくさかったみたい

100均のスリッポンとか何でもいいのですが、楽に脱げて履ける靴を1足持っていくと快適です!

私がおすすめの靴はこちら

¥5,833 (2022/01/14 20:11時点 | Amazon調べ)
\タイムセール祭 実施中!/
Amazon

【まとめ】「森と星空のキャンプヴィレッジ」はアウトドア気分を味わうには最高!

自分でテントを立てるキャンプに挑戦したい!
でも、キャンプって本当に自分にあってるのかわからない!

そんなキャンプデビュー前の方にぴったりなグランピング施設「森と星空のキャンプヴィレッジ」でした!

きれいで高級なテントが常設されていて、中はベッドや暖房まで完備。
私も、女子心をくすぐる内装で、テンションMAXの中、BBQなどを楽しめました。

寒さや猫の洗礼(?)も味わいながら、快適な環境でアウトドア気分を満喫できる楽しい場所ですよ!

これからキャンプデビューする女性、キャンプが好きな女性にぜひ、おすすめしたいキャンプ場です!

らびコ

グランピングだったら、初めてでも怖くないよ!

ぐみコ

キレイな環境で至れり尽くせりなキャンプ楽しかったよ~!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソロキャンプの魅力にどっぷりハマり、年間100万以上、沼に注ぎ込んでしまう、週末キャンパー兼アラサーOL。社会の理不尽さを自然で癒す企業戦士。

目次