【ソロキャンパー必見】ソロキャンプしか入れない!?キャンプベース安中榛名に行ってきた!

  • URLをコピーしました!

今回は、キャンプ場レポートです!
2020年9月にオープンした、群馬県にある『キャンプベース安中榛名』に行ってきました!

北陸新幹線が通る”秘境駅”と言われる安中榛名駅(あんなかはるなえき)から近く、標高420mの場所に位置します。

少しだけ標高が高いので、夏の暑い時期でも夜は20度前半とだいぶ過ごしやすい気温でした。

ソロサイトを上から見た図 出典:なっぷ
このキャンプ場はこんな人におすすめ
  • とにかく静かに過ごしたい!という方
  • 高規格じゃなくても、必要最低限の設備でOKという方
  • 一人の時間を大切にしたい方

ところで、ファミリー向けの大規模キャンプ場で、周りから、夫婦のもめてる声やグループの騒ぎ声なんかが聞こえてきて、なんだか嫌な思いをしたことってありませんか?

今回のキャンプ場は、グループキャンプ、ファミリーキャンプはお断り!

ソロキャンパーとデュオキャンパーしか利用ができない、非常に珍しいキャンプ場です!

地元にずっとお住いの優しい管理人さんが切り盛りしている、手作り感溢れる、でもすごく気が利いていて、心が温かくなるようなおもてなしが多いキャンプ場でした。

管理人さんの同級生のお友達が朝どれ野菜を持ってきて『ご自由に持ってて!早いもんがちだよ!』なんて言ってくれるアットホームな雰囲気な場所です。

それでは、早速レポートしていきたいと思います。

このブログの管理人
  • 女子のソロキャンプ歴3年目
  • 通算100泊以上
  • 移動手段はバイク多し
  • キャンプ道具に給料のほとんどを捧げる30代OL
ぐみコ
目次

基本情報

キャンプベース安中榛名の評価グラフ!

初心者向け?何でも揃ってる?
no!
yes!
女子向け?安全?きれい?
no!
yes!
ソロ向け?静か?
no!
yes!
ぐみコ コメント ソロキャンパーなら一度は訪れたい。本当に静かなキャンプ場
ソロ価格(普通車) 2500円
チェックイン 13:00~
チェックアウト ~12:00
アーリーチェックイン なし(管理人さん曰く1時間位なら早く来ていいよ!)
レイトチェックアウト なし(管理人さんに相談)
トイレのウォシュレット
炊事場(温水が出るか?)
シャワー 〇 シャワー(300円)
温泉 △(湯船あり。車で20分くらいのところに温泉あり)
ゴミ回収
売店
自動販売機
24時間常駐
600円(広葉樹10本前後)
アクセス 関越自動車道・高崎ICより車で約50分、安中榛名駅からはタクシーで5分
住所 群馬県安中市東上秋間3920
電話 070-1487-3378
ホームページ http://mscraft.under.jp/camp/

利用者はソロ&デュオのみ

冒頭にも書いたように、当キャンプ場は、ソロキャンパーとデュオキャンパーのみ受け入れています。
さらに、ソロキャンプとデュオキャンプのサイトが分けられているので、ソロサイト側はとにかく静かです。

鳥と虫の鳴き声と周りを囲ってる笹の葉のサラサラという音しか聞こえません。

とても静かな環境でキャンプを楽しめます!

ぐみコ

2021/7時点の情報!当キャンプ場はまだ出来立てなので、リアルな情報は公式サイトをチェックしてね。

公式サイトはこちら

受付

到着したら、管理棟に行くわけですが、見ての通り管理棟は普通の一軒家です。

とても懐かしい雰囲気の玄関で、チェックインの時は、インターホンを鳴らして管理人さんを呼びます。

管理人さんから手短に当キャンプ場のルール、施設などの説明を受けて、『あとはこれを読んでおいてください』とA4用紙を複数枚いただいて、チェックイン終了です!

ちなみに、チェックアウトは特に声掛けせず、帰って構わないということでした。

サイトの様子

ソロキャンプ専用サイト。サイトは車の乗り入れもOKです!

ソロキャンプサイト自体は2種類。

  • ソロ専用サイト…全部で21区画。ソロには勿体無いくらい広々したサイト
  • 竹林サイト…竹林にに囲まれた、奥まった場所にある。より静かに過ごしたい方向け

ソロ専用サイトは、こんな感じ。

かなり広々としていて、ソロキャンプにはもったいないくらいです。

サイトは竹で区分けされてます。

お隣とも間隔が取られているのでのんびりとできます。

竹林サイトの方は、本当にひっそりしていて、静かです。
静かに過ごしたいソロキャンパーにとってはとても人気で、予約はすぐに埋まってしまうようです。

竹林サイトは、カートで荷物をもっていきます。

しかし、女子キャンパーは、何があるかわからないので、奥まっていて暗い竹藪サイトではなく、開けているソロ専用サイトの方がいいんじゃないかなと思いました。  

ぐみコ

ちなみに、有料でサイトまで電源を貸し出してくれるよ!

地面の様子は?

散らかっててすみません…

地面は芝生と土が入り混じっています。柔らかめで、ペグはとても刺さりやすいです。石なども特に混ざっていませんでした。

また、私が行った日は、夜に雨がふりましたが、水はけもとてもよかったです。

なお、地形的に明け方と夜はとても強い風が吹きやすいそうです。

風に負けてペグが抜けないように、30cmくらいの長めの鋳造ペグなどをメインに使うようにしたほうが安全です。

サイトは早い者勝ち!

当キャンプ場の正式なチェックイン時間は13:00です。

当日、結構早く到着しそうでしたので、管理人さんに電話で聞いたら、『1時間位なら早く来ても大丈夫!』と仰っていただけましたので、12:00に到着&チェックイン。

連休ということもあり、13:00にはほぼソロ専用サイトは埋まっていました。

全体図。外周からどんどん埋まります。

口コミによると、13:00チェックインの2分前時点でサイトの外周部分は全て埋まっていた、というくらいです。

隅っこの区画を抑えたいという方は、管理人さんに相談して、早めにチェックインするといいかもしれませんね。

トイレはきれい?

女子用のトイレは管理棟の中に1個だけ設置されています。

ソロとデュオのみの受け入れなので、利用者数自体がそこまで多くなく、混み合うということはありませんでした。


管理棟自体が一軒家なので、トイレも一軒家にあるっぽい作りで親しみがもてます。

ちゃんとウォシュレットもついてますよ!

きれいに掃除はされていたのですが、隅っこに小さなクモの巣が張っていて、そういうのが気になる女子にはちょっと使いにくい環境なのかなと思いました。

らびコ

田舎のおばあちゃんちみたいなトイレだね!

ちなみに、男子用トイレは外にあります。
口コミによると、こちらのトイレは夏など、虫が沢山出るらしく、少し評判が良くないみたいですね。

炊事場はどんな雰囲気?

炊事場は、管理等の中と外の2ヶ所に設置されています。
管理棟の中の方は、この見た目は台所ですね!

ちゃんとお湯も出る設計になってましたよ。

さらにガスコンロ、レンジまでおいてありました。

キャンプ飯を冷凍食品でさぼりたいときなんかに使えますね!

外の炊事場はと言うと、テンマクデザインのテントの中に設置されていました。
ちょっと蜘蛛の巣が張っていたり、蛾が止まってたりと虫が多めだったので、使うのには正直、勇気が入ります。

ぐみコ

虫が苦手な女子は、管理棟の中の台所を使おう!

シャワーはあるの?

一回300円、その後の利用料はいただかないスタイルだそうで、複数回使っても300円。お財布に優しい設定です。

浴槽もついてるのですが、キャンプ場の利用者数が5名以下だった場合に、浴槽は開放されます。

なお、私が行ったとき、シャワールームの扉に6/10〜9/20はシャワー利用料無料と貼り紙がされていました。
儲けはあるのか心配になるレベルです。

ゴミは一部回収してくれます

ゴミ出しについて『自分で持ち帰るのが難しいゴミは回収します』と説明書きがされていました。

どういうこと!?って思ったのですが、基本的に台所にあるゴミ箱(生ごみ、燃えるゴミ、カン)に捨てることはできます。
ただ、持ち帰れる人は持ち帰ってね、ということのようです。

ぐみコ

焚き火で出た灰も捨てる場所がありましたよ!

売店はどんな品揃え?

下の画像の通りで、超必要最小限のものは置いてあり、一部道具の貸出もあります。

ただ、充実はしていないので、基本的に事前に準備しておいた方が安心ですね。

キャンプ場から車で10分のところにコンビニ、15分のところにホームセンターやスーパーがあります。

ホームセンターにはキャンプで使う薪やOD缶も置いてあります。

徒歩キャンパーは注意!

キャンプ場は坂の上にあり、徒歩で行ける距離にお店や自動販売機もありません。買い出しは車やバイクが必須です。事前に買い出しをしておくようにしましょう!

薪は、広葉樹が売ってるよ

管理人さんの3つのおもてなし

アットホームが故に、管理人さん独自の温かいおもてなしが用意されていました。

高規格キャンプ場のような、何でもそろっている、至れり尽くせりとはまた違う、使いやすさを提供してくれています。

➀無料の氷サービス

管理人さんが自ら氷を作って補充してくださっていて、この期間、無料で提供していただけます。

夏の暑い時期、私のように荷物があまり持っていけないキャンパーにとって、冷たい飲み物が飲めるこのサービスは本当にありがたかったです。

暑い日だったのでとても助かりました
らびコ

ご利用は最低限に!他のキャンパーさんの分も残さなきゃね。

②充電用コンセント

管理棟の台所に、充電用のUSB差込口が用意されていました。

私はこの日、2泊したので、2泊目の夜には、モバイルバッテリーの充電もなくなってしまいました。
その時に、充電させていただき助かりました。。

③調味料はご自由に!

台所の棚にこんな風に、自由に使っていい調味料が並べられています。
アウトドアスパイスなどもいくつか、並んでいて、試してみたいスパイスがあったら、味見のチャンスです!

また、ホットサンドメーカーやスキレットなども置いてあり、使う場合は管理人さんに許可を取れば貸してくれるそうです。

近くの温泉『峠の湯』

キャンプ場から車で30分くらいの位置に「峠の湯」という日帰り温泉があります。
泉質は弱アルカリ性の、肌にやさしい温泉。

露天風呂からは、妙義山が見え、開放感バツグンの眺めが楽しめます。

写真:泉 よしか

お湯は少しぬるっとしてて、肌に良さそうです。

また、こちらの食事処では、名物おぎのやの峠の釜めしも食べられますよ!
味がしっかり染みてておいしかった~。

入っている”あんず”は、最後に食べるのが”通”みたいですよ

キャンプベース安中榛名のレポートまとめ

今回は、静かに自分だけの時間が過ごせる、群馬県の「キャンプベース安中榛名」をレポートしてみました。


簡単におすすめポイントとあともうちょっと!なポイントを振り返ってみましょう。

キャプション
  • ソロとデュオだけの少人数キャンプ場!とにかく静かに過ごせます!
  • 実家に帰ってきたような、管理人さんの温かいおもてなしを味わえます
  • 標高がすこしだけ高いので、夏でも夜は涼しいです
キャプション
  • 設備は全体的にワイルドな感じ!高規格サイトで慣れている方は注意が必要。
  • 売店は品数が少なめ。事前に調達しましょう!
  • キャンプ場まで長~い坂道&徒歩圏内にお店がありませんので徒歩キャンパーは事前準備&移動手段に注意!

設備は最低限で綺麗と言えるものでは正直ありませんが、少人数のみの受け入れをしているキャンプ場なので、静かに過ごすのが好きな方は一度行ってみる価値はあると思います。

大規模キャンプ場に少し気疲れしてしまったとき、今日はとにかく静かに焚き火がしたいとき、自分だけの時間を大切にしたいとき、そんなときに、是非とも訪れてほしいキャンプ場です。

標高がすこし高く、サイト自体は空が開けているので、冬なんかは星空がきれいなんじゃないかと思います。
今回は夏のキャンプでしたが、冬にもう一度再訪したいですね。

ぐみコ

静かに、自分を見つめなおしたいときなんかに行ってみよう!

ブログランキング・にほんブログ村へ1クリックしてくれたら嬉しいです!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ソロキャンプの魅力にどっぷりハマり、年間100万以上、沼に注ぎ込んでしまう、週末キャンパー兼アラサーOL。社会の理不尽さを自然で癒す企業戦士。

目次