焦げ付かないメスティン-面倒な洗い物から開放される- レビュー記事はこちら!

内山牧場キャンプ場★ベストポジションマップも公開!場所取りが超大切!

ぐみコ

ぐるっと山に囲まれた絶景のキャンプ場をご紹介するよ!

長野県と群馬県の境目、標高1200mの高い場所にある『内山牧場キャンプ場』に行ってきました!

出典:内山牧場キャンプ場

芝生がフッカフカの広ーーいフリーサイトです!芝生サイトなのに、車の乗り入れOKってのもめずらしいです!
荒船山、八ヶ岳連峰の山々を見渡せる360度ぐるりと絶景のオートキャンプ場です

ここを越えるとすぐキャンプ場!


それでは、早速レポートしていきたいと思います。

このブログの管理人
  • 女子のソロキャンプ歴3年目
  • 通算100泊以上
  • 移動手段はバイク多し
  • キャンプ道具に給料のほとんどを捧げる30代OL
ぐみコ
目次

基本情報

初心者向け?何でもそろっている?
う~ん…
YES!
女子向け?
う~ん…
YES!
ソロ向け?
う~ん…
YES!
ぐみコ コメント ツーリングキャンパー必見!最高の景色と乾杯しよう!
ソロ価格(普通車) 4000円+(環境保全料)100円
ソロ価格(バイク) 1200円+(環境保全料)100円
チェックイン 12:00~
チェックアウト ~10:00
アーリーチェックイン OK(500円/1時間あたり最短10時)
レイトチェックアウト OK(500円/1時間あたり最長12時)
トイレのウォシュレット
炊事場(温水が出るか?)
シャワー 〇 コインシャワー(3分/200円)
温泉 ✕(車で20分くらいのところに温泉あり)
ゴミ回収 △(灰のみ回収)
売店
自動販売機
24時間常駐
500円(針葉樹20本前後)
アクセス 上信越道 佐久ICより40分(長野方面) 下仁田ICより40分(東京方面)
住所 長野県佐久市内山352-1
電話 0267652021
ホームページ http://www.shinkou-saku.or.jp/arafune/camp.html

ツーリングキャンパーがとにかく多い

基本情報を見ていただくとわかる通り、普通車4000円に対して、バイク1200円と利用料がとても安いです。
そのためなのか、バイクで来ているキャンパーが非常に多く、私が利用した日(土日)も30台以上のツーリングキャンパーが来ていました。

バイクが好きな私にとっては、いろんなバイクが見れて目の保養になりました。

ぐみコ

スーパーカブにリヤカーをつけてる人とか珍しい人もいたよ!

受付

到着したら、まず管理棟で支払いを済ませ、簡単な利用ルールなどの説明を受けます。

自販機はこの管理棟の前にあります。ちょいとお高めの値段設定でした。

また、受付の際、『焚き火はしますか?』と確認されます。
焚き火をする場合は、環境保全料として+100円を支払います。
と同時に、灰を捨てる用の袋を渡されますので、灰はこの袋の中に入れて、帰りに指定の場所に置いておきます。

バイク注意!フリーサイトまでの道が難所!!

受付からフリーサイトまでは、車で1分ほどなのですが、ずっとぼこぼこした砂利道が続きます。
バイクの場合、結構ハンドルを取られやすいので、慎重に進む必要があるかと思います。

フリーサイトの様子

だだっ広ーーーーい芝生の完全フリーサイトです。
空が広い!地面も広い!!芝生がふかふかなのでゴロゴロしたくなります。
360度ぐるっと芝生と空!

しかし、このフリーサイト、平坦な場所がものすごく少なく、全体的に斜面の場所が多いため、場所取りは早い者勝ちになります。

フリーサイトで良い場所を選ぶコツはなんと言っても、平地であること
他にも風向き、太陽の向き、トイレや炊事場の距離、景色とか色々意識したほうがいいことがありますが、とにかく平地を探すことが大切です!

ぐみコ

早い者勝ちだから、早起きがんばろ!

なお、当キャンプ場には、フリーサイトとは別の場所に区画サイトもあります。
平地なので、テントの張り方に気を遣う必要もありませんし、フリーサイトに比較すると売店が近いので便利ですが、景色があまり良くないのでオススメはしません。

私が行った日も利用されている方はいませんでした。
せっかく来たなら、フリーサイトの方がおすすめです。

区画サイト

地面の様子は?

地面は芝生なのでペグはものすごく刺さりやすいです。

なお、高原ということもあり、とても強い風が吹くことがあります。
風に負けてペグが抜けないように、30cmくらいの長めのものをメインに使うといいでしょう。

同時に、テントやタープを立てるときに風向きを意識して、風の通り道ができるように意識するといいですね。
私が行った日も風が強く、通り道を作らないと、こんな感じでテントがパンパンになってしまいます。

テントの後ろ側のファスナーも開けて、風の通り道を作ってあげたよ。

バイクの方への注意

芝生なので場所によっては、結構地面が柔らかい場所があります。
バイクスタンドがめり込んで、倒れることがあるので、スタンド用の板を持っていくと安心ですよ。

ぐみコ

かまぼこ板を忘れた私のバイクは、もちろん倒れました。。。

攻略!平地を探せ!

こちらのキャンプ場は、全体の8割は傾斜がついてるので、平地を探すのがなかなか困難。
さらに景色のいい場所ともなると、土日はオープンと同時に埋まってしまいます。

写真だとわかりにくいですが、斜めなところが多い。

平地&景色の良いサイトにしたい方は、アーリーチェックイン開始の10:00には受付したほうが良いですね。

ちなみに、この日ぐみコは道に迷い、アーリーチェックイン時間に30分出遅れる痛恨のミス!!
私がフリーサイトに到着したときには、端っこの景色の良い場所は埋まってました…

バイクでぐるぐるとフリーサイトを走り回り、どうにかスミッコ&平坦な場所を確保。

今回テントを張った場所。隅っこが好き。

ベストポジションマップを公開

ぐみコがぐるぐると歩き回りながら「ここ平で良さそうだな~」「次来たときはここを狙おう!」と思った場所をメモしましたので、是非参考にしていただければ幸いです。

黄色の箇所が平地だよ。

画像の上の方が標高が高くなるので、見える景色がとてもきれいです。
その代わり、トイレが下の方、1か所しかないので、トイレに行くのが億劫になりそうです。
景色を取るか、利便性をとるか、自分との相談ですね。

ちょっと上の方のサイトから見える景色
女子は人の多いところにテントを建てよう

当キャンプ場は、全く明りがないので、隅っこは特に真っ暗です。
なるべく、ファミリー、ご夫婦デュオキャンパーさんの近くに立てるのがおすすめです。

トイレはきれい?

2020年にリニューアルをされたらしく、トイレも真っ黒でスタイリッシュなとてもきれいな建物でした。

こちらがトイレの建物
ぐみコ

リニューアル前はボットントイレだったらしいよー!

中はこの通りとてもきれいです。

個室は全部で3個。

トイレは洋式ですが、残念ながら、ウォシュレットはついておりませんでした

フリーサイトのトイレは、ここ1か所のみとなりますので、トイレが集中する時間だと少し待ったりするかもしれませんね。

トイレの入り口はこの通りちゃんと扉があるので、虫が入り込むようなことはほぼありません。

ちなみに、管理等のそばにもトイレ(和式)はありますが、フリーサイトからだいぶ遠いので、使う事はないかなぁと思います。

ぐみコ

スタッフさんがたまに掃除しにきていたので、清潔だったよ。

炊事場はどんな雰囲気?

炊事場は、フリーサイト全体で2ヶ所あります。

一つは、サイトの入口辺り。
女子トイレと男子トイレで挟むようにして、炊事場が用意されています。

シンクは全部で4つ。

もう一つは、フリーサイトの上の方に1か所用意されています。

キャンプ場の水は新鮮で綺麗な飲料水らしいです。冷たくて美味しかったですよ!

ちなみに、シンクからは水のみとなっており、お湯は出ません。
冬はかなり寒さがきついところなので、多少利用料を上げていただいてでも、ここはお湯にしてもらえたら、とても嬉しいのですが‥

スポンジや洗剤の設置はありませんので持参しましょう

シャワーは?

シャワー棟も、トイレと同じくシックでスタイリッシュな黒で統一された建物です。
もちろん、中もとてもキレイで、気持ちよく使えそうですね。

脱衣場はちょっと広めで着替えやすいスペースがあります。シャワーは1回3分/200円とちょっとお高めかな、という印象です。
なお、ドライヤーの設置はありませんでした。

ゴミは持ち帰りですよ

こちらのキャンプ場は出たゴミは基本的に自分で持ち帰りとなります。
ただ、焚き火で出た灰や炭は引取ってもらえます。

帰りにゴミを持ち帰られるだけの荷物のスペースは確保しておきましょうね!

売店はどんな品揃え?

下の画像を見ていただけるとわかるように、お菓子や小物については、売店でカバーできるだけの品揃えですね。
ただし、レンタル品はあまり取り扱いがありませんでしたので、注意しましょう。


薪、炭は売ってる?

薪は、針葉樹(20本前後/500円)が販売されております。

さらに、燃えやすい焚付用の薪も300円で売っていました。焚付用としては若干太いので、薪を割れるようにナイフや鉈は持ってきたほうがいいですね。

ちなみに炭も650円で売ってましたが、かなり量が多いのでファミリー用だと思います。済を使う方は持参しましょう。

服装に注意

こちらのキャンプ場は標高1200mのところに位置します。

標高が100m上がるごとに、平地の気温より0.7度、下がると言われますので、1200mのこのキャンプ場は、平地より約8.4度低くなってしまいます。

私が行った日は6月半ばの快晴で、平地は30度の夏日でしたが、キャンプ場は21度位で過ごしやすい気温でした。
しかし、15:00をすぎたくらいから急に気温が下がり、半袖の上にマウンテンパーカーを羽織って丁度いいくらい。
夜になると15度まで下がり、風が強い場所なので、体感温度はさらに低く感じました。
夜は寒くなるのがわかっていたので、寝袋は万全を期し、冬用を持って来ていて良かったなぁという気温でした。

標高の高い位置での、夏キャンプは過ごしやすくておすすめですが、持っていく服装には十分気を付けてくださいね。

おまけ(ぐみコのこの日のキャンプ飯)

メスティンは万能ですね。ご飯も炊けるし、麺も茹でられる、肉まん蒸したり、揚げ物までできるんです。

ついでに、燻製もできるから気になる人は見てみてね!

まとめ

今回は、長野県の内山牧場キャンプ場をレポートしてみました。
簡単におすすめポイントとあともうちょっと!なポイントを振り返ってみましょう。

おすすめポイント
  • 芝生がフッカフカのオートキャンプ場
  • 山々に囲まれて、ぐるっとパノラマ絶景が拝める
  • 標高が高いので夏のキャンプでもすごしやすい
あともう少し!なポイント
  • 設備はきれいだけど、温水、ウォシュレットなどは無く必要最低限
  • ごみは各自で持ち帰り。ごみを入れられるスペースを残そう

設備は最低限、もちろん電源などの設備はないので、初心者キャンパーさんがいきなりここでキャンプをするのは、もしかしたら難しいのかもしれません。

それでも、昼間見える山々の美しさはもちろん、夜の満天の星空、絶景の朝日とともにいただくコーヒーは最高です。
また、設備が最低限であるためか、お子様連れのファミリーキャンパーさんは少なく、ソロキャンパー、デュオキャンパーさんが非常に多かったです。
そのため、静かに過ごしているキャンパーさんが多いのも、おすすめのポイントです。

ソロキャンプに慣れてきたころに、是非とも訪れてほしいキャンプ場ですね。

ぐみコ

狙っている場所にテントをたてられるように、早起きを頑張るぞ!

ブログランキング・にほんブログ村へ1クリックしてくれたら嬉しいです!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ソロキャンプの魅力にどっぷりハマり、年間100万以上、沼に注ぎ込んでしまう、週末キャンパー兼アラサーOL。社会の理不尽さを自然で癒す企業戦士。

目次
閉じる